マンション経営は良い投資先である

  • 楽器可のマンション経営は楽器の種類を明確にする事

    • 楽器可のマンション経営は入居者との間とトラブルになることがあるので、最初にしっかりと内容を明記することが大事です。



      良くあるのが楽器を演奏しても良い時間帯を決めておくことですが、そもそもこれはどのくらいの音漏れがあるのかによって変わってくるものがあります。



      かなり質の高い防音設備を導入するなら時間制限など必要ありません。



      楽器可のマンション経営をするとそのマンションにおける入居者の大半はミュージシャンになることが多いので、これを考えると質の低い防音設備だと隣人同士でお互いの楽器の音がかすかに聞こえるという現象が起きなくもないため、出来るならしっかりとした防音設備を導入しておきましょう。また、マンション経営で大事な規約に関してもどのような楽器の種類が可能なのかをしっかりと明記しておくほうが利用者にとっては分かりやすいです。



      例えば、ギターは可能でもドラムはダメというケースがありますが、これは防音設備次第となってくるので、導入する防音設備が決まったらその設備に耐えることが出来る楽器をしっかりと明記しておくと良いです。

      とにかく経営者としてはコストを抑えたい反面しっかりと入居者も見つけたいものですが、あまりコストを抑えるとトラブルが多発しやすい上に使い勝手の悪さから利用者が逃げやすいということがあります。



      しっかりと演奏可能な楽器を明記して、ターゲットを絞っていくことが大事なのでマンション経営時に覚えておきましょう。



  • 関連リンク

    • サイドビジネスを考えているならマンション経営がオススメです。マンション経営はそもそもマンションを持っていなければならないため、当初は大きな資金が基本的に必要となります。...

    • 楽器可のマンション経営は入居者との間とトラブルになることがあるので、最初にしっかりと内容を明記することが大事です。良くあるのが楽器を演奏しても良い時間帯を決めておくことですが、そもそもこれはどのくらいの音漏れがあるのかによって変わってくるものがあります。...