マンション経営は良い投資先である

  • マンション経営は老後の生活を豊かにできます

    • 日本社会は少子高齢化が急速に進んでいますので、大きな影響を受けるものとして公的年金制度があります。年金を受給すると考えられる高齢者の数と比較すると、年金を納める若者の層が減っていると言えますので、将来的には年金額が少なくなることも予想されています。



      老後にゆとりを持って生活を送っていくためには、個人の資産を活用して自己防衛を行っておく必要があります。



      年金が少なくなっていくことへの防衛策としては、マンション経営を行って定期的な家賃収入を得る方法があります。マンション経営を行うことで、毎月確実に入ってくる収入源を得ることが可能になりますので、豊かな老後の生活を送るための手助けとなります。



      マンション経営を行っていくためには、正しい知識を身に付ける必要があります。定年の退職に合わせる形でローンを完済できるプランニングを行っておけば、年金生活になったときにローンの支払いで苦しむリスクを避けられます。



      住宅ローンを使ってマンションを購入したときには、団体信用生命保険に加入することになります。



      団体信用生命保険に加入しておくことによって、万が一のことが起きたときであっても残されたローンは全額において保険金で支払ってもらうことが可能になります。



      生命保険に加入しておくことでローンの返済が無くなりますので、残された家族にとっては完済されているマンションを引き継ぐことができますので、資産を手に入れた上に毎月の家賃収入を得ることが可能です。

  • 関連リンク

    • 楽器可のマンション経営は入居者との間とトラブルになることがあるので、最初にしっかりと内容を明記することが大事です。良くあるのが楽器を演奏しても良い時間帯を決めておくことですが、そもそもこれはどのくらいの音漏れがあるのかによって変わってくるものがあります。...

    • 日本社会は少子高齢化が急速に進んでいますので、大きな影響を受けるものとして公的年金制度があります。年金を受給すると考えられる高齢者の数と比較すると、年金を納める若者の層が減っていると言えますので、将来的には年金額が少なくなることも予想されています。...